日揮の3月期決算は過去最高益も営業利益は減少、アルジェリアでの事件が影響

大手プラント建設日揮が3月期決算発表を行い、過去最高益となる461億円となる18.1%増しとなりました。
売上高は6246億円の12.1%増、最終利益は18.1%増の461億円でしたが、営業利益はアルジェリア人質事件の影響もあり641億円の4.4%減となっています。
しかし、中断していたアルジェリアでのプラント建設も一部再開しており、今期は2%増しとなる740億円を見込んでいます。アルジェリア事件の現場となったプラント再開のめどはたっていません。
特にオーストラリアの大型液化天然ガスプラント、イクシスは5000億円規模の受注額となっており、これが大きいですね。
化学関連機械、プラント設備の求人

フォローする

タイトルとURLをコピーしました