スクウェア・エニックスHDは初の営業赤字60億円、過去最悪の最終損益となる

ゲーム大手メーカーのスクウェア・エニックスHD3月期決算が発表され、営業損益60億円となる初の赤字を計上し、過去最悪となる最終損益137億円となりました。
以前から言われている様にコンシューマーゲームの不振が続いており、今回も北米での販売が不振だった事が原因と見られています。
今期見通しは、売上高は1400億円~1500億円、営業利益は50億~90億円、最終利益は35億~60億円。
幅を持たせた見通しとなっていますが、いずれも黒字転換すると予測しています。
スクウェア・エニックスは今後、ソーシャルゲームへ力を注ぐと発表しており、ドラゴンクエストやファイナル・ファンタジーなど人気シリーズゲームも、手軽な感じとなるかもしれませんね。
巻き返しに期待したいところ。
株式会社スクウェア・エニックスの中途採用

タイトルとURLをコピーしました