住友商事が3年ぶり最終利益7.3%減、資源価格下落で微妙

住友商事の2013年3月期決算が発表され、3年ぶり減益となる最終利益7.3%減の2324億円となりました。
売上高は9.3%減の7兆5027億円、営業利益は26.1%減の1624億円。ほぼ予想通りとなっています。
資源価格の下落によって採算が悪化し、アメリカでのタイヤ事業やバナナ事業も不振だったらしい。
資源に関しては、今後シェールガス、シェールオイルへと転換し、業績回復を目指す。

タイトルとURLをコピーしました