JR東西日本と東海の上場3社3月期決算が過去最高の増収増益となる

JR東日本、JR西日本、JR東海のJR上場3社が、揃って過去最高の増収増益となった2013年3月期決算発表となりました。
JR西日本が、売上高0.9%増の1兆2989億円、最終利益が104.1%増の601億円。
JR西日本グループの求人募集
JR東日本が、売上高5.5%増の2兆6718億円、純利益が61.3%増の1753億円。
JR東日本の中途採用一覧
JR東海が、売上高5.1%増の1兆5853億円、純利益が50.6%増の1999億円。
いずれも新幹線収入が好調となり、東京駅周辺や東京ディズニーリゾート、東京スカイツリーと言った観光スポットへ向かう乗客が多かったとされています。
JR西日本でも九州方面へ向かう乗客が多くなり、国内旅行が回復した事と連動しています。
JR西日本は、経営不振となっているJR大阪三越伊勢丹があるが、新たにオープンしたグランフロント大阪の影響で今期は集客が期待できるとしている。
しかし、電気料金の値上げなどで約80億円のコスト増しとなり、今期は増収減益となる見通しを示しています。

タイトルとURLをコピーしました