資生堂黒字予測から一転最終赤字147億円、ベアエッセンシャルのれん代が響く

資生堂、最終赤字147億円 13年3月期に8年ぶり
 資生堂は24日、2013年3月期の連結最終損益が147億円の赤字(前の期は145億円の黒字)になったと発表した。従来予想は105億円の黒字だった。買収して以来、業績苦戦が続いている米子会社について、「のれん」の価値を引き下げる減損で286億円の特別損失を計上する。最終赤字は8年ぶり。年50円の配当は予定通り実施する。
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASDD240LH_24042013TJ2000

資生堂の苦境はちょっと前から知られていますが、黒字と予測されていた2013年3月期決算の連結最終損益は147億円の赤字となっています。
リストラや工場閉鎖などもありますが、最も大きいのは2010年に買収したアメリカの子会社ベアエッセンシャルの不調。
そのベアエッセンシャルの、のれん代償却で286億円の特別損失を計上しています。
資生堂は2013年3月期決算を4度下方修正しており、最終赤字は8年ぶり。
見通しが甘かったのは確かですが、対応も素早く行っており、最近では新興国への進出とネット販売にも力を入れている。
確かにリストラや店舗・工場閉鎖は痛いですが、ブランドイメージ自体は落ちていない。
末川久幸前社長が退任し、前田新造会長が社長を兼任、自身が築いた方針を壊してでも軌道修正に臨む姿勢を見せている。
ここで女性社長の後継者を育成すれば良いかもしれませんね。やって見る価値は多いにある。
化粧品、食品、香料関連の求人を見る

フォローする

タイトルとURLをコピーしました