富士通が大規模5000人リストラを発表、半導体2000人欧州1500人解雇、管理職300人早期希望退職者、役員報酬もカット

富士通が半導体で1600人の早期退職募集 全体では5千人規模をリストラ
https://sankei.jp.msn.com/economy/news/130328/biz13032817150039-n1.htm

大手電機メーカーである富士通が、大規模なリストラ計画を発表しました。

全体で5000人を削減する事になりますが、その内容を報告しています。

半導体約2000人、欧州子会社約1500人を解雇。50歳以上の管理職300人を対象とした早期希望退職者を募る。

更に役員報酬を10から50%減額、管理職報酬も3から7%カットされる。

半導体部門リストラの内容は、国内1600人、海外400人で、退職金割増と再就職支援も行う。

ただ富士通のリストラはこれで終わりではなく、派遣社員や契約社員を含め約9500人を削減する予定となっています。

さすがにちょっと半導体業界は厳しくなってきましたでしょうか。

早期希望退職者の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました