スクウェア・エニックスHD130億円の赤字、和田洋一社長が6月に引責辞任

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどシリーズ物のゲームで、一時隆盛を誇ったスクウェア・エニックスですが、今期最終損益が35億円の黒字予測から一転、130億円の赤字となる見通しとなりました。
これは過去最大の赤字となり、6月にも和田洋一社長が引責辞任します。
後任には、現在最高財務責任者の松田洋佑氏が就任することになる人事も発表されました。
和田洋一氏、本多圭司副社長と松田洋祐氏は、来年度の年俸を減給する事も決定しているそうです。
スクウェア・エニックスは欧米での販売不振が響き、ドラゴンクエストXも頭打ちとなっており、今後も厳しい現状と向き合うことになりそうです。
ゲーム業界はソーシャルとコンシューマー両極端となっており、大手もより一層ソーシャル参入が相次ぐ可能性も高そうですね。

タイトルとURLをコピーしました