ダイキン工業が春闘40年ぶり満額回答、ボーナス5.22ヶ月分となる

13春闘/ダイキン、40年ぶり満額回答-年間一時金は5.22カ月分
ダイキン工業は2013年の春闘交渉で、労働組合が要求した賃金改善要求に対して40年ぶりに満額回答した。年間一時金も組合員平均5・22カ月分と前年比2万円増の172万円を回答。年間賃金は前年と比べ同2・3%上昇する。13年度は空調機器で次世代冷媒の本格展開や、買収した米グッドマン・グローバル(テキサス州)との相乗効果創出など全社を挙げた取り組みが控えており、社員の士気を高める。
https://www.nikkan.co.jp/news/nkx0920130325aaak.html

空調などで有名なダイキン工業知っていますか?

そのダイキン工業が2013春闘で40年ぶりに満額回答となっています。

ボーナス一時金も5.22ヶ月分となり、年間賃金は前年比2.3%の上昇となる。

ダイキン工業は近年グローバル展開を活発化しており、先日もアメリカ企業のグッドマン・グローバルを買収しています。

そういった方向性もあり、全社員の士気を高める狙いだそうです。

ぴちょんくんも大喜びとなりますが、まずは中国へ空気清浄機を売りつけたい。

タイトルとURLをコピーしました